読売新聞オンラインへ

特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」に50組100人招待

カテゴリー: 新着 イベント

taishakuten_250.jpg

 3月26日(火)から6月2日(日)まで、東京・上野の東京国立博物館で開催される特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅(まんだら)」に、読売IDをお持ちの方50組100人を招待します。 

 唐で密教を学んだ空海に嵯峨天皇から823年に下賜された東寺。空海は、東寺を真言密教の根本道場として、その教えをわかりやすく仏像で表現した「立体曼荼羅」などを通じて広めてきました。本展は、東寺講堂に安置された立体曼荼羅の仏像21体のうち、寺外では史上最多の15体がまとまった形で展示されます。中でも、国宝「帝釈天騎象像(たいしゃくてんきぞうぞう)」は整った顔立ちで仏像ファンの間では“イケメン”と知られ、話題です。多くの仏像が周囲360度からぐるりと鑑賞できる展示になっており、講堂で拝観するのとは違った雰囲気を味わえます。 
 応募の締め切りは、3月12日(火)です。 

 特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」の公式サイトはこちらから。 

【開催概要】 
・日にち:3月26日(火)~6月2日(日) 
・場所:東京国立博物館(東京都台東区上野公園13-9) 
・開館時間:9:30~17:00 
※毎週金・土曜日は、21:00まで開館 
※入場は閉館の30分前まで 
・休館日:毎週月曜日、5月7日(火) 
※ただし4月1日(東寺展のみ)、29日、5月6日は開館 
・観覧料:一般1,400円(当日1,600円)、大学生1,000円(当日1,200円)、高校生700円(当日900円)=すべて税込み 
※中学生以下無料 
※障がい者手帳をご持参の方(付き添いの方1人を含む)は無料 
・主催:東京国立博物館、真言宗総本山教王護国寺(東寺)、読売新聞社、NHK、NHKプロモーション 
・特別協賛:大和証券グループ 
・協賛:NISSHA 
・問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

応募要項

応募締め切り
2019年3月12日(火)
当選者数
50組100人
注意事項

※応募者多数の場合は抽選を行います。
※当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※ご登録の住所へお送りします。登録してある住所が古かったり、番地が登録されていなかったりして、「あて先不明」でプレゼントが戻ってくるケースが増えています。その場合は次点の方が当選となります。今一度、ご登録の住所をご確認ください。
※このプレゼントは、読売IDをお持ちの方なら、どなたでも応募できます。応募には住所・氏名・電話番号の登録が必要です。

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。