読売新聞オンラインへ

山口鉄也著「ただジャイアンツのために」を5人に

カテゴリー: 新着

190618tadag250.jpg

 山口鉄也著「ただジャイアンツのために 非エリートからの栄光&チーム論・8回の抑え方」(1,600円=税別、廣済堂出版刊)を、読売IDをお持ちの方5人にプレゼントします。 

 元プロ野球選手たちが技術などを伝授している「マスターズメソッド」シリーズの最新刊。巨人の中継ぎ左腕として長く活躍し、昨18年シーズンをもって惜しまれつつ引退した山口鉄也さんが、テスト入団という非エリートから一軍へと導いてくれた巨人軍への思い、歴代1位の「9年連続60試合以上登板」でひたすらチームのために投げ抜いた生きざま、支え合った仲間、重要な8回を抑えるセットアッパーの極意などを語ります。初公開の秘話、写真も満載です。 
 応募の締め切りは、7月17日(水)です。 

 廣済堂出版公式サイトはこちらから。 


【プロフィル】 
山口鉄也(やまぐち・てつや) 
ジャイアンツアカデミー・コーチ、元巨人軍投手 
1983年11月11日生まれ、神奈川県横浜市出身。横浜商業高校-ミズーラ・オスプレイ(米アリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下ルーキー・リーグ)-巨人(2006~18)。横浜商高卒業後、ダイヤモンドバックスの入団テストに合格し、マイナー契約。帰国後の05年、巨人の入団テストに合格し、育成選手ドラフト1巡目指名で入団。07年5月29日対阪神戦で初勝利をあげ、育成出身選手初の勝利投手に。08年、中継ぎとして67試合に登板し、チームの連覇に貢献。育成出身として初の新人王を受賞した。9年連続60試合登板(08~16年)という日本プロ野球記録を打ち立て、その間の09年には球団記録を更新する73試合に登板し、最優秀中継ぎ投手を獲得。14年には、史上初となる200ホールドを記録。18年シーズンをもって惜しまれつつ引退。通算成績は、642試合登板、52勝27敗29セーブ273ホールド(歴代2位)。19年からは、ジャイアンツアカデミーのコーチとして、新たな一歩を踏み出している。

応募要項

応募締め切り
2019年7月17日(水)
当選者数
5人
注意事項

※応募者多数の場合は抽選を行います。
※当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※ご登録の住所へお送りします。登録してある住所が古かったり、番地が登録されていなかったりして、「あて先不明」でプレゼントが戻ってくるケースが増えています。その場合は次点の方が当選となります。今一度、ご登録の住所をご確認ください。
※このプレゼントは、読売IDをお持ちの方なら、どなたでも応募できます。応募には住所・氏名・電話番号の登録が必要です。
※読売IDでログイン後、応募してください。

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。