読売新聞オンラインへ

「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」(奈良)に50組100人を招待

カテゴリー: アラカルト展覧会・イベント

191201katana250.jpg

 12月28日(土)から2020年3月1日(日)まで、春日大社国宝殿(奈良県奈良市)で開催される「最古の日本刀の世界 安綱(やすつな)・古伯耆(こほうき)展」に、読売IDをお持ちの方50組100人を招待します。  

 安綱は平安時代、伯耆国(ほうきのくに)(鳥取県西部)に現れ、京都の三条宗近らと並ぶ最古級の刀匠です。本展では、天下五剣の一つ、大江山の酒呑童子(しゅてんどうじ)退治に用いられたと言い伝えられる国宝「童子切」など、刀匠・安綱とその一門の国宝、重要文化財のほぼ全てが集結します。 
 応募の締め切りは、12月19日(木)です。 

 「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」の公式サイトは、こちらから。 

【開催概要】 
・日にち:12月28日(土)~2020年3月1日(日) 
※前期:12月28日(土)~1月26日(日)/後期:2月1日(土)~3月1日(日) 
・場所:春日大社国宝殿(奈良県奈良市春日野町160) 
・開館時間:10:00~17:00 
<年末年始特別開館> 
12月31日(火)10:00~17:00、23:00~28:00(翌04:00) 
2020年1月1日(水・祝)~1月3日(金)10:00~19:00 
<特別開館延長> 
2020年2月3日(月)、2月8日(土)~2月14日(金)10:00~19:00 
※入館は閉館の30分前まで 

・観覧料:一般1,000円(800円)、大学高校生600円、中小学生400円=すべて税込み 
※カッコ内は前売および20人以上の団体料金。大学高校生、中小学生は当日・団体・前売全て同一料金。 
・主催:春日大社、読売新聞社 
・特別協力:鳥取県、名刀「古伯耆物」日本刀顕彰連合 
・後援:奈良県、奈良市、NHK奈良放送局、奈良テレビ放送 
・問い合わせ先:春日大社国宝殿0742-22-7788 

応募要項

応募締め切り
2019年12月19日(木)
当選者数
50組100人
注意事項

※応募者多数の場合は抽選を行います。
※当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※読売ID会員で登録されている住所へお送りします。登録住所に不備があり届かない場合は次点の方へ当選権利が移ります。最新の住所が番地まで正しく登録されているかを今一度ご確認ください。確認はこちらから。
※読売IDをお持ちの方ならどなたでも応募できます。応募には住所・氏名・電話番号の登録が必要です。
※読売IDでログイン後、応募してください。

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。