読売新聞オンラインへ

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」舞台挨拶付きプレミア試写会に15組30人を招待

カテゴリー: アラカルト展覧会・イベント

 12月27日(金)から全国ロードショーの映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」舞台挨拶付きプレミア試写会(12月19日、東京・千代田区の丸の内ピカデリー1)に、読売IDをお持ちの方15組30人を招待します。 

 日本中を旅する主人公・車寅次郎、通称“寅さん”が、旅先から故郷の柴又に戻ってきては、家族や恋したマドンナを巻き込み、騒ぎを起こす。破天荒で、変わり者で、自由奔放。でも、その温かくて優しい人柄に誰もが魅了され、愛され続けた…。 
 映画「男はつらいよ」の50作目で、シリーズ22年ぶりの新作。新撮された登場人物たちの”今“を描く映像と、4Kデジタル修復されて蘇る寅さんのシリーズ映像が紡ぎ合う、新たなる「男はつらいよ」の物語です。 
 キャストには、渥美清さん、倍賞千恵子さん、吉岡秀隆さん、後藤久美子さん、前田吟さん、夏木マリさん、浅丘ルリ子さん、美保純さん、佐藤蛾次郎さん、北山雅康さん、出川哲朗さんなど50年を共に歩んだシリーズお馴染みの面々が再集結。映画のオープニングには、寅さんの大ファンである桑田佳祐さんが登場し、あの有名な主題歌「男はつらいよ」を歌い上げます。
 試写会当日は、キャストと山田洋次監督による登壇も予定されています。 
 応募の締め切りは12月9日(月)です。 

 「男はつらいよ お帰り 寅さん」の公式サイトはこちらから。 

【作品情報】 
 小説家の満男(吉岡秀隆)は、中学三年生の娘と二人暮らし。最新著書の評判は良いが、次回作の執筆にはいまいち乗り気になれないモヤモヤした日々。なぜか夢の中には、初恋の人・イズミ(後藤久美子)が現れて悩みだす始末。そんな時、妻の七回忌の法要で柴又の実家を訪れた満男は、毋・さくら(倍賞千恵子)、父・博(前田吟)たちと昔話に花を咲かす。いつも自分の味方でいてくれた伯父・寅次郎(渥美清)との、騒々しくて楽しかった日々。あの寅さんへの想いが、蘇(よみがえ)る…。 

<スタッフ>原作・監督:山田洋次/脚本:山田洋次、朝原雄三/音楽:山本直純、山本純ノ介/主題歌:「男はつらいよ」渥美清 オープニング:桑田佳祐 
配給:松竹、tora-san.jp/movie50/ 
特別協賛:木下グループ、スミフルジャパン、スターツグループ、みずほ銀行、芙蓉(ふよう)総合リース 
<キャスト>渥美清/倍賞千恵子、吉岡秀隆、後藤久美子、前田吟、池脇千鶴、

夏木マリ、浅丘ルリ子、美保純、佐藤蛾次郎、桜田ひより、北山雅康、

カンニング竹山、濱田マリ、出川哲朗、松野太紀、林家たま平、立川志らく、

小林稔侍、笹野高史、橋爪功  

【開催概要】 
日時:12月19日(木)18:00開場/18:30開演
場所:丸の内ピカデリー1(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン9F) 

応募要項

応募締め切り
2019年12月9日(月)
当選者数
15組30人
注意事項

※応募者多数の場合は抽選を行います。
※当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※読売ID会員で登録されている住所へお送りします。登録住所に不備があり届かない場合は次点の方へ当選権利が移ります。最新の住所が番地まで正しく登録されているかを今一度ご確認ください。確認はこちらから。
※読売IDをお持ちの方ならどなたでも応募できます。応募には住所・氏名・電話番号の登録が必要です。
※読売IDでログイン後、応募してください。

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。