読売新聞オンラインへ

第1回ヨミドクター医療セミナー「いのちは輝く 重い障害を生きる子に学ぶ未来の医療」に100人を招待

カテゴリー: アラカルト

小児外科医の松永正訓さん
小児外科医の松永正訓さん

 読売新聞の医療・健康・介護サイト「ヨミドクター」は、今春に予定するサイトのリニューアルを機に、人気コラム執筆者や、医療や介護などの分野で活躍する専門家を講師に招いた医療セミナーをスタートさせます。 

 第1回は3月22日(日)午後2時から、東京・大手町の読売新聞東京本社で開催します。小児外科医の松永正訓さんを講師に招き、テーマは「いのちは輝く 重い障害を生きる子に学ぶ未来の医療」。松永さんは2017年10月から19年4月まで連載した人気コラム「いのちは輝く~障害・病気と生きる子どもたち」の筆者で、昨年、著書「発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年」(中央公論新社)が日本医学ジャーナリスト協会賞の大賞に選ばれました。 

 生まれてくる子どもが重い障害や難病を抱えていたとき、家族はどう向き合えばいいのか。そのとき、医療に求められるものは? 小児外科医としての豊富な経験をふまえ、語っていただきます。進行役は梅崎正直・ヨミドクター編集長が務めます。 
 

 定員は100人。読売ID(登録無料)をお持ちの方ならだれでも応募できますが、読売新聞を購読するヨミドクター有料会員を優先して招待します。


 応募の締め切りは2020年2月25日(火)正午です。 

 ヨミドクターのウェブサイトはこちらから。 

【講師】 
松永 正訓(まつなが ただし)さん 
 松永クリニック小児科・小児外科院長。千葉大医学部卒。13年、「運命の子 トリソミー――短命という定めの男の子を授かった家族の物語」(小学館)で第20回小学館ノンフィクション大賞を受賞。19年、「発達障害に生まれて――自閉症児と母の17年」(中央公論新社)で日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞。その他の著書に「小児がん外科医――君たちが教えてくれたこと」(中公文庫)、「呼吸器の子」(現代書館)、「子どもの病気 常識のウソ」(中公新書ラクレ)、「いのちは輝く 障害・病気と生きる子どもたち」(中央公論新社)。 

【進行役】 
梅崎 正直(うめざき まさなお) 
 読売新聞の医療・健康・介護サイト「yomiDr(ヨミドクター)」編集長 

【開催概要】 
日時:2020年3月22日(日)午後2時開演 
(受け付け開始:午後1時30分 終了:午後3時30分予定) 

会場:読売新聞東京本社(東京都千代田区大手町1-7-1)

 

応募要項

応募締め切り
2020年2月25日(火)
当選者数
100人
注意事項

※応募者多数の場合は抽選を行います。読売新聞を購読するヨミドクター有料会員を優先して招待します。
※当選者の発表は、招待状(はがき)の発送をもってかえさせていただきます。

※同伴者はお一人様まで可能です。

※招待状(はがき)は、ご登録の住所へお送りします。当日は、このはがきをご持参ください。
※読売ID会員で登録されている住所へお送りします。登録住所に不備があり届かない場合は次点の方へ当選権利が移ります。最新の住所が番地まで正しく登録されているかを今一度ご確認ください。確認はこちらから。
※読売IDをお持ちの方ならどなたでも応募できます。応募には住所・氏名・電話番号の登録が必要です。
※読売IDでログイン後、応募してください。

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。