読売新聞オンラインへ

池上彰/佐藤優著「人生に必要な教養は中学校教科書ですべて身につく」を5人に

カテゴリー: BOOK

200723kyokasho250.jpg

 池上彰/佐藤優著「人生に必要な教養は中学校教科書ですべて身につく 12社54冊読み比べ」(1,400円=税別、中央公論新社刊)を、読売IDをお持ちの方5人にプレゼントします。

 

 いまどきの中学校教科書はすごい。「なぜ、勉強しなくちゃいけないの?」と心が折れかけた子どもたちにも楽しく学べる工夫に満ちているので、長いこと勉強と無縁だった大人が学び直すのにも最適のツールといっていいでしょう。地理、歴史、公民、理科、国語、数学、英語、そして道徳まで。激動の世界を爆走し続ける池上彰、佐藤優の両巨匠が、12社54冊分を読み解きました。

 ポストコロナの世界、AI社会を生き抜くためには、付け焼刃の知識では太刀打ちできません。生き残りをかけ、基礎力を鍛え直せば、社会の深層が見えてきます。中学校教科書で足元を固めましょう。

 応募の締め切りは、8月22日(土)です。

 

 中央公論新社の公式サイトはこちらから。

 

【プロフィル】

・池上彰(いけがみ・あきら)

ジャーナリスト

1950年長野県生まれ。慶応義塾大学卒業後、NHK入局。報道記者として事件、災害、教育問題を担当し、94年から「週刊こどもニュース」で活躍。2005年からフリーになり、テレビ出演や書籍執筆など幅広く活躍。現在、名城大学教授、東京工業大学特命教授など、計9大学で教える。「池上彰のやさしい経済学」「池上彰の18歳からの教養講座」など著書多数。

 

・佐藤優(さとう・まさる)

作家、元外務省主任分析官

1960年東京都生まれ。英国の陸軍語学学校でロシア語を学び、在ロシア日本大使館に勤務。2005年から作家に。05年発表の「国家の罠(わな)」で毎日出版文化賞特別賞、翌06年には「自壊する帝国」で新潮ドキュメント賞、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。「修羅場の極意」「ケンカの流儀」「嫉妬と自己愛」など著者多数。池上彰氏との共著に「独裁の宴(うたげ)」などがある。

◆新型コロナウイルス最新情報はこちらから

応募要項

応募締め切り
2020年8月22日(土)
当選者数
5人
注意事項

※応募者多数の場合は抽選を行います。
※当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※読売ID会員で登録されている住所へお送りします。登録住所に不備があり届かない場合は次点の方へ当選権利が移ります。最新の住所が番地まで正しく登録されているかを今一度ご確認ください。確認はこちらから。
※読売IDをお持ちの方ならどなたでも応募できます。応募には住所・氏名・電話番号の登録が必要です。
※読売IDでログイン後、応募してください。

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。