読売新聞オンラインへ

「OTEKOMACHI」の人気コラムを書籍化 サンドラ・ヘフェリン著「なぜ外国人女性は前髪を作らないのか」を5人に

カテゴリー: BOOK

210213magegami250.jpg

  サンドラ・ヘフェリン著「なぜ外国人女性は前髪を作らないのか」(中央公論新社刊、1,600円=税別)を、読売IDをお持ちの方5人にプレゼントします。

 

 日本とドイツにルーツを持つサンドラさんは、「多文化共生」をテーマに執筆活動を行い、2017年10月から読売新聞の女性向けサイト「OTEKOMACHI」で「サンドラがみる女の生き方」を連載しています。日本とヨーロッパの双方で生活してきた経験から、各国の女性たちのライフスタイルや価値観を肌で感じ取り、日本と海外との違いをコラムにつづってきました。

 

 本書には、女性の髪形や髪の色に対して抱くイメージなどが日欧で異なることを考察した「外国人女性が前髪を作らないわけ」をはじめ、「ニベアの青缶でメイクを落とすドイツ人」「『離婚しない』ニッポンの夫婦の不思議」「『生意気な女』は海外でモテる?」など、驚きと共感のコラム33編が収録されています。

 世界には多様な女性の生き方があることに気づかされ、自分にふさわしい生き方を見いだすヒントを与えてくれる一冊です。

 応募の締め切りは、3月12日(金)です。

 

 本書の詳細はこちら、中央公論新社の公式サイトはこちらから。

 

 

【著者プロフィル】

サンドラ・ヘフェリン

コラムニスト

ドイツ・ミュンヘン出身。日本在住23年。日本語とドイツ語の両方が母国語。自身が日独ハーフであることから、「多文化共生」をテーマに執筆活動中。ホームページ「ハーフを考えよう!」を運営。著書に「ハーフが美人なんて妄想ですから!!」(中公新書ラクレ)、「満員電車は観光地!?」(流水りんことの共著/KKベストセラーズ)、「体育会系 日本を蝕(むしば)む病」(光文社新書)など。

 

◆OTEKOMACHIはこちら

◆発言小町はこちら

応募要項

応募締め切り
2021年3月12日(金)
当選者数
5人
注意事項

※応募者多数の場合は抽選を行います。
※当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※読売ID会員で登録されている住所へお送りします。登録住所に不備があり届かない場合は次点の方へ当選権利が移ります。最新の住所が番地まで正しく登録されているかを今一度ご確認ください。確認はこちらから。
※読売IDをお持ちの方ならどなたでも応募できます。応募には住所・氏名・電話番号の登録が必要です。
※読売IDでログイン後、応募してください。

※当キャンペーンはAppleの提供・協賛によるものではありません。

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。