読売新聞オンラインへ

季刊オピニオン誌「読売クオータリー」2021春号を10人に

カテゴリー: BOOK

210430quarterlyharu250.jpg

  読売新聞社が発行する季刊オピニオン誌「読売クオータリー」2021春号(524円=税込み)を、読売IDをお持ちの方10人にプレゼントします。

 

 「読売クオータリー」は、「日本と世界の今を考え、課題を追う」を編集方針に掲げ、内外様々な時事問題の解説記事や未来を見据える論文、記事、コラム、世論調査データなどを掲載しています。

 

 読売クオータリー2021春号は、特集を「デジタル社会の行方」とし、「憲法が阻む『デジタル立国 日本』」「データが拓く 次世代の街づくり」「物流改革へ 問われるデータ戦略」「本格化する『科学的介護』」の4本の論考を掲載。政府がデジタル改革を推進する中、各分野における現状と課題を明らかにしつつ、近未来社会の姿を展望します。巻頭論文「ミャンマーは『失敗国家』になるのか」では、国軍による市民弾圧が続くミャンマー情勢を分析し、日本の役割を考察。その他、新型コロナワクチンの国際争奪戦、中国における新聞の「停刊ドミノ」など、時宜になかったテーマの論文をそろえました。

 応募の締め切りは5月29日(土)です。

 

 読売新聞オンラインの「調査研究」コーナーでは、旬のニュースの特集や、政治、国際、経済、文化などさまざまな話題をじっくり解説していきます。「調査研究」コーナーはこちらから。

 読売新聞調査研究本部の公式サイトはこちらから。

 

【「読売クオータリー」購読のご案内】

 「読売クオータリー」は、読売新聞社のシンクタンクである調査研究本部が編集・発行元となり、冬号=1月末、春号=4月末、夏号=7月末、秋号=10月末の年4回発行。中央公論新社による直販を軸に、皆さまのお手元へお届けしています(年間購読料2,096円=税・送料込み)。購読の申し込み方法などは、こちらをご覧ください。

応募要項

応募締め切り
2021年5月29日(土)
当選者数
10人
注意事項

※応募者多数の場合は抽選を行います。
※当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※読売ID会員で登録されている住所へお送りします。登録住所に不備があり届かない場合は次点の方へ当選権利が移ります。最新の住所が番地まで正しく登録されているかを今一度ご確認ください。確認はこちらから。
※読売IDをお持ちの方ならどなたでも応募できます。応募には住所・氏名・電話番号の登録が必要です。
※読売IDでログイン後、応募してください。

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。