読売新聞オンラインへ

角田光代さんサイン入り「八日目の蝉」を5人に

カテゴリー: BOOK

 作家・角田光代さんの読売新聞朝刊連載小説「タラント」がいよいよ終盤のクライマックスを迎えます。これに合わせ角田さんが2005年から06年、読売新聞夕刊に連載した「八日目の蝉(せみ)」のサイン入り小説(649円=税込み、中公文庫)を、読売IDをお持ちの方5人にプレゼントします。

 

 プレゼントには読売新聞日曜版の人気連載漫画「猫ピッチャー」(そにしけんじ作)のクリアファイルをお付けします。

 「タラント」は、大学進学で香川から上京し、現在は洋菓子店で働く女性を主人公に、現代の女性たちの生き方や戦争、パラスポーツといったテーマを描きます。

 応募の締め切りは、6月20日(日)です。

 

 中央公論新社の公式サイトはこちらから。

 

【プロフィル】

角田光代(かくた・みつよ)

作家

1967年生まれ。早稲田大第一文学部卒。90年、「幸福な遊戯」で海燕(かいえん)新人文学賞を受賞してデビュー。2003年、「空中庭園」で婦人公論文芸賞。05年、「対岸の彼女」で直木賞。07年、「八日目の蝉」で中央公論文芸賞。11年に「ツリーハウス」で伊藤整文学賞、12年に「紙の月」で柴田錬三郎賞、14年に「私の中の彼女」で河合隼雄物語賞、準備期間を含め6年かけた「源氏物語」の現代語訳で21年、読売文学賞。

 

◆読売新聞連載小説「タラント」終盤 角田光代さんが描く「人生の才能」 こちらから

◆読売新聞オンラインの「本よみうり堂」はこちらから

 

応募要項

応募締め切り
2021年6月20日(日)
当選者数
5人
注意事項

※応募者多数の場合は抽選を行います。
※当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※読売ID会員で登録されている住所へお送りします。登録住所に不備があり届かない場合は次点の方へ当選権利が移ります。最新の住所が番地まで正しく登録されているかを今一度ご確認ください。確認はこちらから。
※読売IDをお持ちの方ならどなたでも応募できます。応募には住所・氏名・電話番号の登録が必要です。
※読売IDでログイン後、応募してください。

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。