読売新聞オンラインへ

宮田裕章氏登壇! 読売SDGsフォーラム 参加者募集

カテゴリー: トピックセミナー・フォーラム

近年、企業や大学・行政・市民が、技術やアイデアを出し合うことで新しい価値を生み出そうとする「共創」の動きが加速しています。2025年に開催される大阪・関西万博も、共創による持続可能な社会の実現を目指しています。私たちは万博や未来に向けてどのように共創すべきか、様々な分野の出演者にお話しいただきます。

 

2025年大阪・関西万博に向けて

読売SDGsフォーラム2021 ─ 未来への共創 ─

主催/読売新聞社 協力/読売テレビ 

後援/2025年日本国際博覧会協会、大阪府、大阪商工会議所、関西経済連合会、関西経済同友会、関西SDGsプラットフォーム 

協賛/大阪大学、東和薬品、バイエル薬品、ハウス食品グループ本社、阪急電鉄、立命館大学

 

日時:9月28日(火)13:30~17:00(予定) オンライン配信

<プログラム>

13:35~

【基調講演】データ共鳴社会における「共創」とは

 宮田裕章氏(慶應義塾大学医学部 教授、大阪・関西万博 テーマ事業プロデューサー)

 

14:05~

取り組み紹介① 「かがやきスクール」 の経験から見えた健康教育支援の現状と課題

 木戸口結子氏(バイエルホールディング株式会社 執行役員 広報本部長)

 

14:20~

取り組み紹介② ハウス食品グループの環境への取り組みについて

 南俊哉氏(ハウス食品グループ本社株式会社 コーポレートコミュニケーション本部 CSR部長)

 

14:45~

トークセッション① 医療の個別化・データ利活用から、ウェルビーイングの実現に向けて

 宮田裕章氏

 石見拓氏(京都大学健康科学センター 教授、一般社団法人PHR普及推進協議会 代表理事)

 吉田逸郎氏(東和薬品株式会社 代表取締役社長)

 コーディネーター=横須賀ゆきの氏(読売テレビ 報道局 解説デスク)

 

15:30~

取り組み紹介③ 食の実験場『OSAKA FOOD LAB』が目指す"No Border”とは

 鈴木裕子氏(株式会社Office musubi 代表取締役)

 

15:55~

トークセッション② 越境する知 2030年に向けた共創とは

 中島さち子氏(株式会社steAm 代表取締役CEO、大阪・関西万博 テーマ事業プロデューサー)

 堂目卓生氏(大阪大学教授・社会ソリューションイニシアティブ(SSI)長)

 小川さやか氏(立命館大学大学院先端総合学術研究科 教授)

 コーディネーター=岩本悠氏(一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォーム 代表理事)

 

総合司会=横須賀ゆきの氏(読売テレビ 報道局 解説デスク)

※プログラム・登壇者は変更になる場合がございます。

応募要項

応募締め切り
2021年9月24日(金)
参加費
無料
当選者数
先着1000名
注意事項

※先着順で申し込みを受け付けます。申し込み多数の場合は、後日アーカイブ視聴用URLの案内を行います。

※当選された方へは事前に視聴URLをメールでお送りします。メールは「読売SDGsフォーラム」事務局からの送信となります。

※読売IDをお持ちの方が応募できます。読売IDをお持ちでない方は登録をお願いします。

※こちらの応募ボタンを押すと「読売SDGsフォーラム」事務局(外部)のページに飛びます。そちらで必要事項を入力の上、お申込みください。

 

問い合わせ先:「読売SDGsフォーラム」事務局 06-6364-9005(平日10:00~17:00)

 

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。