読売新聞オンラインへ

令和の今、明治の女性から学ぶ「未来を拓く力」和洋学園創立125周年記念 オンラインシンポジウム 参加者募集中

カテゴリー: トピックセミナー・フォーラム

10月9日(土)に和洋学園創立125周年記念 オンラインシンポジウム「未来を拓く力」~令和の今、明治の女性から学ぶ~をオンライン配信します。

「八重の桜」の脚本を手掛けた山本むつみ氏(脚本家)と比較文化を専門とする佐伯順子氏(同志社大学大学院 社会学研究科教授)をゲストに迎え、明治期の女性に学ぶ未来を切り拓く力について、講演・トークセッションを行います。トークセッションには草野満代氏(フリーアナウンサー)と岸田宏司氏(和洋女子大学 学長)も参加。自ら行動することで人生を切り拓き、社会を動かす生き方を踏まえ、現在・未来における「自立」や「活躍」することの意味について考えます。

 

和洋学園創立125周年記念 オンラインシンポジウム 「未来を拓く力」~令和の今、明治の女性から学ぶ~

主催:学校法人和洋学園

後援:読売新聞東京本社

 

日時:10月9日(土)14:00~16:00 オンライン配信

<プログラム>

講演1ー明治の女性に学ぶ人生の切り拓き方~新島八重の場合~山本むつみ氏(脚本家)

講演2ー真の「女性活躍」とは~明治のメディアと女子教育から現代へ~佐伯順子氏(同志社大学大学院 社会学研究科教授)

トークセッションー岸田宏司氏(和洋女子大学 学長)

司会進行 草野満代氏(フリーアナウンサー)

※プログラム・登壇者は変更になる場合がございます。

応募要項

応募締め切り
2021年10月7日(木)
参加費
無料
当選者数
応募者全員
注意事項

※申し込まれた方へは事前に視聴URLをメールでお送りします。メールは和洋学園シンポジウム事務局からの送信となります。

※読売IDをお持ちの方が応募できます。読売IDをお持ちでない方は登録をお願いします。

※こちらの応募ボタンを押すと和洋学園シンポジウム事務局(外部)のページに飛びます。そちらで必要事項を入力の上、お申込みください。

 

問い合わせ先:和洋学園シンポジウム事務局 メール:jimukyoku@cpfine.biz

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。