読売新聞オンラインへ

読売新聞連載小説が書籍化 中島京子著「やさしい猫」を10人に

カテゴリー: BOOK

210909yasashiineko250.jpg

 中島京子著「やさしい猫」(2,090円=税込み、中央公論新社刊)を、読売IDをお持ちの方10人にプレゼントします。

 

 読売新聞夕刊(一部地域朝刊)の連載小説(2020年5月~2021年4月)を加筆し書籍化。東日本大震災のボランティア活動を通して知り合った日本人シングルマザーのミユキとスリランカ人のクマラの国際結婚を軸にした家族小説。ミユキの娘で高校生のマヤの視点で語られます。中島さん初の新聞連載。

 応募の締め切りは、10月8日(金)です。

 

 中央公論新社の公式サイトはこちらから。

 

【プロフィル】

中島京子(なかじま・きょうこ)

作家

1964年、東京生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒。出版社勤務、フリーライターを経て、2003年に小説「FUTON」でデビュー。以後「イトウの恋」「ツアー1989」「冠・婚・葬・祭」など次々に作品を発表し、2010年、「小さいおうち」で直木賞を受賞。14年に「妻が椎茸(しいたけ)だったころ」で泉鏡花文学賞を、15年に「かたづの!」で河合隼雄物語賞と柴田錬三郎賞、及び「長いお別れ」で中央公論文芸賞を受賞。その他の著書に「エルニーニョ」「眺望絶佳」などがある。

 

◆読売新聞オンラインで連載小説が読める(読者会員限定) 詳細はこちらから

◆読売新聞オンラインの「本よみうり堂」はこちらから

応募要項

応募締め切り
2021年10月8日(金)
当選者数
10人
注意事項

※応募者多数の場合は抽選を行います。
※当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※読売ID会員で登録されている住所へお送りします。登録住所に不備があり届かない場合は次点の方へ当選権利が移ります。最新の住所が番地まで正しく登録されているかを今一度ご確認ください。確認はこちらから。
※読売IDをお持ちの方ならどなたでも応募できます。応募には住所・氏名・電話番号の登録が必要です。
※読売IDでログイン後、応募してください。

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。