読売新聞オンラインへ

オンライン無料講座「『ハワイの日本語』の多様性が伝えるもの~日系人社会150年の言語生活史」に100人を招待

カテゴリー: セミナー・フォーラム

 12月6日(月)18時から、オンライン講座「『ハワイの日本語』の多様性が伝えるもの~日系人社会150年の言語生活史」を実施、先着100人を招待します。受講料は無料です。

 

 旅行先として日本人にも人気の高いハワイ。

 ハワイと日本の間には、150年を超える「移民の歴史」があります。ハワイの日系人社会では、日本語教育が重視されました。様々な国々の人々と暮らし、また世代が進む中で、ハワイで話される日本語はユニークな変化を遂げています。

 本講座では、残された資料を通じて「海を渡った日本語」の変遷、「ハワイの日本語」の面白さ、その背景にある移民と日系人社会の歴史などに迫ります。

 

 講師は、社会言語学、日本語学を専門とし『アメリカとハワイ日系社会の歴史と言語文化』などの著作がある国立国語研究所 研究系 言語変異研究領域准教授の朝日祥之氏、ナビゲーターを同研究所 研究系 日本語教育研究領域 特任助教の岩崎拓也氏が務めます。

 応募の締め切りは、12月2日(木)です。

 

【開催概要】

タイトル:「ハワイの日本語」の多様性が伝えるもの~日系人社会150年の言語生活史

日時:2021年12月6日(月)18時~19時45分

開催方法:オンライン配信

受講料:無料

プログラム:  

(1)朝日祥之氏による講演

(2)朝日氏と岩崎氏によるトークセッション

(3)質疑応答

受講方法:前日までに視聴URLをメールでご案内します

主催:大学共同利用機関法人 人間文化研究機構  一般社団法人 読売調査研究機構

後援:読売新聞社

問い合わせ先:ty-kikou@yomiuri.com(事務局)

応募要項

応募締め切り
2021年12月2日(木)
当選者数
先着100人
注意事項

※企画内容、時間などは予告なく変更になる場合があります。

※講師の急病や天災、その他やむをえない不可抗力の事態が発生した場合には、当日でも講座を中止する場合があります。

※読売IDをお持ちで無い方は登録をお願いします。

※こちらの応募ボタンを押すと「『ハワイの日本語』の多様性が伝えるもの 日系人社会150年の言語生活史」(外部)のページに飛びます。そちらで必要事項を入力の上、お申し込みください。

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。