読売新聞オンラインへ

オンライン無料講座「海を渡った『アダム・スミスの蔵書』~西欧思想の伝播と日本」参加者募集

カテゴリー: セミナー・フォーラム

 2022年2月7日(月)19時から、オンライン講座「海を渡った『アダム・スミスの蔵書』~西欧思想の伝播(でんぱ)と日本」を実施、参加者を募集します。受講料は無料です。

 

 本講座は、東京大学東アジア藝文書院(EAA)、東京大学経済学図書館・経済学部資料室、(一社)読売調査研究機構共催による「東京大学経済学図書館創設120年」「アダム・スミス文庫寄贈100年」「東京大学経済学部資料室創設110年」の記念事業「知の継承」の一環として行われます。

 

 経済学の創始者として知られるアダム・スミスの旧蔵書の一部は、約100年前に新渡戸稲造がイギリスで購入し、現在東京大学経済学部資料室で保管されています。西洋から東洋へ、海を渡ったアダム・スミスの蔵書は日本に何を伝えたのでしょうか。

 

 講師は、経済学博士で「アダム・スミスの近代性の根源-市場はなぜ見出されたのか」の著者、東京大学大学院経済学研究科准教授の野原慎司氏と、資料室にて社会科学に関する文献の管理や資料研究に従事している東京大学大学院経済学研究科助教の矢野正隆氏が務めます。

 応募の締め切りは、2022年2月3日(木)です。

 

【開催概要】

タイトル:海を渡った「アダム・スミスの蔵書」~西欧思想の伝播と日本

日時:2022年2月7日(月)19:00~20:30

開催方法:YouTubeライブ配信

受講料:無料

プログラム:

(1)開会挨拶:石原俊時氏(東京大学経済学図書館長)

(2)プレゼンテーション(野原慎司氏):

「旧蔵書から見るアダム・スミスの知的世界」

(3)トークセッション(野原慎司氏、矢野正隆氏):

「近代における西欧思想の伝播の歴史~アダム・スミス文庫が私たちに伝えるもの」

(4)Q&A

受講方法:前日までに視聴方法をメールでご案内します

主催:東京大学東アジア藝文書院(EAA)、東京大学経済学図書館・経済学部資料室、(一社)読売調査研究機構

後援:読売新聞社、(一社)赤門アーカイブ倶楽部

問い合わせ先:ty-kikou@yomiuri.com(事務局)

応募要項

応募締め切り
2022年2月3日(木)
当選者数
全員
注意事項

※企画内容、時間などは予告なく変更になる場合があります。

※講師の急病や天災、その他やむをえない不可抗力の事態が発生した場合

には、当日でも講座を中止する場合があります。

※読売IDをお持ちで無い方は登録をお願いします。

※こちらの応募ボタンを押すと「海を渡った『アダム・スミスの蔵書』~西欧思想の伝播と日本」(外部)のページに飛びます。そちらで必要事項を入力の上、お申し込みください。

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。