読売新聞オンラインへ

1月11日付夕刊「ああ言えばこう聞く」に登場 野口聡一さんのサイン色紙を1人に

カテゴリー: アラカルト

 読売新聞の1月11日付夕刊の「ああ言えばこう聞く」で、鵜飼哲夫編集委員がインタビューした宇宙飛行士、野口聡一さん(56)のサイン色紙を、読売IDをお持ちの方1人にプレゼントします。

220111noguchi250.jpg

 今回登場するのは、宇宙に3度も行き、「宇宙飛行士は究極のテレワーカー」だと語る野口聡一さんです。地球との環境はあまりにも違うとはいえ、確かに宇宙飛行士は、地球から400キロも離れた国際宇宙ステーションで毎日、地上からの指示を受け、分刻みのスケジュールをこなす「tele=離れた所」と「work=働く」のベテランです。

 新刊「宇宙飛行士 野口聡一の全仕事術」(世界文化社)を出したばかりの野口さんに、コロナ時代に広がったテレワークの秘訣、宇宙での仕事の面白さと難しさについて聞きました。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)では宇宙飛行士を募集中です。色紙には「宇宙(そら)をめざせ!」と書いていただきました。

 

 応募の締め切りは、1月31日(月)です。「ああ言えばこう聞く」の野口さんについての感想も、たくさんお待ちしています。

 

 

◆読売新聞オンラインのエンタメ・文化の記事はこちらから

応募要項

応募締め切り
2022年1月31日(月)
当選者数
1人
注意事項

※応募者多数の場合は抽選を行います。
※当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※読売ID会員で登録されている住所へお送りします。登録住所に不備があり届かない場合は次点の方へ当選権利が移ります。最新の住所が番地まで正しく登録されているかを今一度ご確認ください。確認はこちらから。
※読売IDをお持ちの方ならどなたでも応募できます。応募には住所・氏名・電話番号の登録が必要です。
※読売IDでログイン後、応募してください。

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。