読売新聞オンラインへ

5月10日付夕刊「ああ言えばこう聞く」に登場 古市憲寿さんのサイン色紙を2人に

カテゴリー: トピック

  読売新聞の5月10日付夕刊の「ああ言えばこう聞く」で、鵜飼哲夫編集委員がインタビューした社会学者、古市憲寿さん(37)のサイン色紙を、読売IDをお持ちの方2人にプレゼントします。 

220510furuichi250.jpg

 「ああ言えばこう聞く」は鵜飼編集委員が各界の方を訪ね、明日を生きるヒントを探るコーナーです。第2、第4火曜日夕刊掲載(一部地域を除く)。

 

 今回登場するのは、初の長編小説「ヒノマル」(文芸春秋)を出した社会学者、古市憲寿さんです。自由が統制された戦時下で次第に惹(ひ)かれ合う少年少女の姿を通して、絶望下の幸福を考える古市版「君たちはどう生きるか」を書いた背景には、コロナ時代になって、ものごとに白黒つける風潮が過熱し、戦時下のように言いたいことが言えない空気が広がっていることに懸念したからだといいます。

 出版直後に、ロシアのウクライナ侵攻が始まり、海の向こうで戦争が始まりました。「誰の味方でもありません」が信条の社会学者は、危機の時代をどう感じているのか。

 高校時代に書いた詩の思い出も含め、本音を大いに語ってもらいました。

 色紙には「白黒つけない」と書いていただきました。

 

 応募の締め切りは、5月30日(月)です。「ああ言えばこう聞く」の古市さんについての感想も、たくさんお待ちしています。

 

 

◆読売新聞オンラインのエンタメ・文化の記事はこちらから

応募要項

応募締め切り
2022年5月30日(月) 23:59
当選者数
2人
注意事項

※応募者多数の場合は抽選を行います。
※当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※読売ID会員で登録されている住所へお送りします。登録住所に不備があり届かない場合は次点の方へ当選権利が移ります。最新の住所が番地まで正しく登録されているかを今一度ご確認ください。確認はこちらから。
※読売IDをお持ちの方ならどなたでも応募できます。応募には住所・氏名・電話番号の登録が必要です。
※読売IDでログイン後、応募してください。

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。