読売新聞オンラインへ

オンライン無料講座「サロン音楽に聴くジャポニスム ミカドからチョーチョーさんまで」に先着200名を招待

カテゴリー: セミナー・フォーラム

 9月20日(火)19時から、オンラインで無料講座「サロン音楽に聴くジャポニスム ミカドからチョーチョーさんまで」を実施、先着200人を招待します。受講料は無料です。

 

 「19世紀、20世紀の日本を題材として西洋人が作った音楽作品」と聞いて、イタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニが手がけたオペラ「蝶々夫人」を思い浮かべる方も多いかと思われます。しかし、そのおよそ100年前には日本を題材にした楽曲が、シートミュージックと言われた一枚刷りの大衆音楽楽譜や楽曲集として西洋各国で数多く出版され、人々に愛好されていました。日本が西洋でどのようにイメージされ音楽で表象されていたのか、本講座では音源や動画も交えながらその魅力と変遷をご紹介します。

 

 講師は音楽学、音楽療法史、東西文化交流史を専門とする国際日本文化研究センター特任助教の光平有希氏と京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター所長の細川周平氏が務めます。

 応募の締め切りは、9月15日(木)です。

 

【開催概要】

タイトル:サロン音楽に聴くジャポニスム ミカドからチョーチョーさんまで

日時:9月20日(火)19:00~20:30

開催方法:YouTubeライブ配信

受講料:無料

プログラム:(1)トークセッション (2)Q&A

受講方法:前日までに視聴URLをメールでご案内します

主催:国際日本文化研究センター(日文研)、(一社)読売調査研究機構

後援:読売新聞社

問い合わせ先:ty-kikou@yomiuri.com(事務局)

応募要項

応募締め切り
2022年9月15日(木) 23:59
当選者数
先着200人
注意事項

※企画内容、時間などは予告なく変更になる場合があります。

※講師の急病や天災、その他やむをえない不可抗力の事態が発生した場合には、当日でも講座を中止する場合があります。

※読売IDをお持ちで無い方は登録をお願いします。

※こちらの応募ボタンを押すと「サロン音楽に聴くジャポニスム ミカドからチョーチョーさんまで」(外部)のページに飛びます。そちらで必要事項を入力の上、お申し込みください。

ログイン・新規登録

応募は一度のみ有効です。